シリコンブラ ブラパリはヌーブラほど○○じゃない!

ブラパリのデザインいいですよね。ヌーブラほど○○じゃないでしょ?

ブラパリのお手入れは当然の事ながらご存じですよね?

よく口コミの悪い評価で「何回か洗っただけで、すぐ粘着力がなくなり使えなくなる」という声を見かけますが、皆さんはちゃんとお手入れしていますよね。

 たった数回で粘着力がなくなるというのは、ブラパリの問題ではなくてお手入れの問題になってきます。

 シリコンの特徴をちゃんと理解すれば、こんな問題も起きず、イライラして口コミに「だめだ~」なんて書き込むこともなくなります。

まず、基本的なお手入れからおさらいしましょう。
1.固形石けんで丁寧に手洗い
2.風通しのいいところで陰干し
3.シリコン部分に付属のシートを貼付け、専用ケースで保管

たったこれだけですよ。
これだけなんですが、ちゃんとしないとシリコン品質低下を招くことになるんですね。

 では、注意点を確認しましょう。

1.シリコン部分を爪などで傷つけない
 ブラシなどを使うのはもってのほかです。
 決して硬いもので汚れを落とそうとしないようにしましょう。

2.すすぎ洗いはできるだけぬるま湯で洗う
 お湯の温度は人肌くらいがいいかと思います。
 お風呂の温度くらいだと、何回も洗っているうちにシリコンが硬くなってきます。
 白っぽく不透明になり始めたら終わりです。

3.石けん成分を残さない
 石けんが落ちているようでも意外と残っているものです。
 石けん成分がシリコンの粘着力を低下させてしまいますので、シリコンにベタつき感が完全に戻ってくるまで洗い流しましょう。

4.乾燥は自然乾燥に任せる
 直射日光に当てると紫外線や熱でシリコンが硬くなります。
 また、乾燥機などの温風もダメです。
 直射日光の当たらない場所で自然の風にあてて乾かしましょう。
 完全に乾かさないとカビの発生する原因になりますので注意が必要です。

5.保管時にはシリコンの乾燥に注意する
 付属のシート(透明シール)をしっかりと押さえつけるように貼付けて空気が入らないようにします。
 シリコンを空気中に放置しておくと、どんどん粘着力がなくなって硬くなっていきます。

以上、最低でもこの5つだけを抑えておけば、そんなに「すぐに使えなくなったぁ」という不満は出てこないはずです。

広告を非表示にする